医療法人設立(医療法人化)代行センター 全国対応 

分院廃止手続き

MenuBar

1.定款の変更

【提出先】医療法人手続き担当の県、政令指定都市の窓口
【手続の流れ】素案を郵送で提出→事前審査→市の指示により本申請の提出
        →審査→認可書の交付
【提出時期】最長3ヶ月かかることもあるので早めに
【必要な書類】
 ・定款変更認可申請書    →法人理事長印
 ・定款の新旧対照表
 ・社員総会議事録(写し)  →法人理事長印、出席社員の個人印
 ・現在の定款(写し)
 ・写しについて、理事長の原本証明 →法人理事長印
 ・変更後の定款(市の指示を受けてから)
 ・定款変更認可申請書類の副本(市の指示を受けてから)
【廃止届とのタイミング】
 廃止の日程がはっきりしている場合は、定款変更が認可されてから廃止届を出すべきでしょう。 困難な場合は要相談となります。

2.診療所廃止届書の提出

【提出先】保健所
【必要な書類】
 ・診療所廃止届
【提出時期】廃止から10日以内に
【提出部数】1部

3.保険医療機関廃止手続

【提出先】厚生局
【必要な書類】
 ・保険医療機関廃止届
 ・保険医療機関の指定通知書

その他注意点

※法人の分院廃止後、同じ医者が同じ施設で診療するとしても、
 個人診療所を新規に開設する手続が必要となります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional