医療法人設立(医療法人化)代行センター 全国対応 

医療法人の理事はどのような責任を負うのでしょうか?

よくあるQA

医療法人の理事はどのような責任を負うのでしょうか?

【医療法人の理事が負う法的責任】

医療法人の理事になったとしても、連帯保証人になるわけではないので、クリニックの借金を払わなくてはいけなくなるのではありません。

しかしながら、クリニックの経営に責任を負う立場にあります。

ですから、放漫経営でクリニックをつぶしてしまった場合や、お客様に何かしらの損害を与えてしまった場合には、法的な責任(損害賠償等)を負うことになる可能性はあります。

したがいまして、理事を引き受ける場合には、クリニックがつぶれたり、お客様に損害が生じたりしないよう、しっかりと経営をしていかなくてはなりません。

実際は経営にタッチしていない場合でも、法的責任を軽減する要素とはなり得ますが、経営にタッチしていなかったからといって、原則として法的責任が免除されることにはなりません。

医療法人の理事を頼まれた場合、経営にタッチしていなくても、法的責任が生じるおそれがあるので、良く気をつける必要があります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional