医療法人設立(医療法人化)代行センター 全国対応 

必要書類

MenuBar

医療法人設立(医療法人化)の必要書類

医療法人設立(医療法人化)の必要書類 は下記の通り

お客様にはたくさんの書類をご準備いただく必要がございます。

ご準備いただく書類注意事項
銀行の残高証明書特定の日付のものが必要です。金額に注意が必要
医業関係収入明細書社会保険・国民健康保険からの診療報酬通知(お手元にある直近2カ月分)をご準備下さい。なお、本申請時には、最新のものを再び提出する必要がございます。
医療法人名義にする車の車検証往診用の車を法人に名義変更する場合は、ご提出下さい。有効期限と所有者に注意です。
借入契約書(例:金銭消費貸借契約書)とその返済予定表借入金等を法人に引き継ぐ場合は、ご提出下さい。法人が引継ぐ全ての契約について必要です。 資金使途に注意
上記借入契約の後に購入した、減価償却一覧に記載されている物品に関する売買契約書や領収書など●使用している医療用・事務用物品関係のものを法人へ引き継ぐ場合は、ご提出下さい●運転資金関連の領収書は、これに含むことは出来ません
リース契約書とその支払明細書●リース契約書には、・品名・形式 ・リース期間(平成○年○月○日から平成△年 △月△日までの□年間という記載が必要) ・リース契約番号 ・リース契約日 の記載が必要です。
診療所の開設届及びその添付書類保健所に提出しているもので診療所の平面図・院内見取図を含む
診療所建物の賃貸借契約書・重要事項説明診療所を賃借されている場合、または今後賃借されるご予定の場合、ご提出下さい
診療所建物の所有者が分かる登記簿謄本診療所を賃借されている場合、または今後賃借されるご予定の場合必要です。登記簿謄本を取得してから3ヶ月以内のものであることが必要です。
職員用の駐車場に関する契約書職員用の駐車場に関して契約をされている場合、ご提出下さい
役員・社員の印鑑証明取得してから3ヶ月以内のものであることが必要です。
役員・社員の履歴書雛形があるのでご注意下さい。
理事長・理事になられる方・管理者の医師免許証の写し原寸大の大きさの表・裏面の写しをご提出下さい
2年分の所得税青色申告決算書直近2年分
2年分の所得税の確定申告書直近2年分。所得の内訳に注意が必要です。
医療用器械備品 減価償却一覧表特定の日付のものが必要です。

上記の書類を院長先生には集めていただく必要があります。
申請締め切りまで余裕をもってご準備することをおススメいたします。

必要書類の注意点

(医師免許証の注意点)
医師免許証を紛失している場合、再交付に2ヶ月ほどかかります。再交付にさらに時間がかかる場合、医療法人の申請期限に間に合わない可能性がありますので要注意です。

(図面の注意点)
個人クリニック開業時に提出した図面と現在のの現況が異なっている場合、最新の図面を用意をお願いすることになります。その場合、内装会社様にお支払する図面代金が別途発生する可能性があります。

(賃貸契約書の注意点)
現在の賃貸借契約の期限が切れていて、自動更新となっている場合、役所から更新したことを証明する書類がほしいといわれる可能性があります。場合によっては更新料を請求される可能性もあるので要注意です。








当事務所では、法人設立の相談・手続き代行を受付けています
まずは【電話による無料相談】で不安を和らげてみませんか

TEL : 045-228-7445
受付時間 : 9:30~18:00(土日祝日は除く)

行政書士は法律上、守秘義務があるため、お客様の秘密は厳守致します。
メールによる相談はこちら → メールフォーム

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional